カタパルトスープレックス

イノベーションに効く世界の情報を日本語で

イギリス政府はどのようにデジタルサービスを展開したか(2014年)各省庁のプロジェクトが続々公開そしてトランジション完了

f:id:kazuya_nakamura:20171014124341p:plain

GOV.UK

ざっくり言うと

  • この年からGOV.UKの各省庁への本格展開がはじまる
  • その展開方式はイノベーションラボ方式。主体は各省庁のデジタルチームだけど、GDSが専門家集団として事業部門である各省庁にノウハウを提供。
  • CTO室主導でアーキテクチャだけでなく調達も整理整頓。コスト削減効果が明確になってくる。
  • アプリは行政サービスには不向き。(個人的にはPWAは向いてると思う
  • 検索できない「リッチテキスト」は追放

原文:"A GDS Story 2014"

2010/2011年2012年2013年|2014年|2015年

続きを読む

カタパルトスープレックスのチームメンバー募集

f:id:kazuya_nakamura:20180129213630p:plain

 カタパルトスープレックスはボク一人でやってきました。でも、一人ではできることって限られます。普段は普通に仕事をしているので、時間も限られています。一人よりは二人、三人と仲間がいた方がきっと楽しいんだろうなと考えたりします。

 たぶん、すでにすごいアイデアを持っている人とか情報発信ができる人はすでに自分でやってると思うんですよね。でも、なんとなくきっかけが掴めない人もいるかも。カタパルトスープレックスはまさに「カタパルト」としてそんな人たちが飛び立つ準備できる場所にできるんじゃないか。

 そんなことを考えて『カタパルトスープレックスチーム』を作りました。このブログマガジン『カタパルトスープレックス』で記事を書いてみたい人。『カタパルトスープレックスデザイン』でツールを作ったり、自分のツールでワークショップを開催したりした人。そういう人を募集します。

 社員ではないので面接があったりしません。気軽にSlackのワークスペースに入ってきてください。チームになったからといって必ず何かしなければいけないわけでもありません。「何かをしていい場所」であるけど「何かをしなければいけない場所」ではありません。

微信(WeChat)のミニプログラムとは?その重要性は?

f:id:kazuya_nakamura:20180128095256p:plain

原文:"Wechat Mini Program Part I: What Is It and Why Is It Significant?" by Yelin Qiu

ざっくり言うと

  • ミニプログラム(小程序|シャオチェンシュ)はアプリの中から利用できるアプリ(微信に続き支付宝も参入)
  • サードパーティーも開発可能で微信の独自の機能(決済やチャット)にアクセスできるため利便性が高い
  • PWAと同様にAppStoreからダウンロードせずに使える
  • 中国ではミニプログラムによりアプリの概念が大きく変わる可能性がある
  • 同じことはPWAでも可能だが、決済などの独自の機能は使えないし、トラフィックも期待できない
  • 参考:2018年は次のプラットフォーマーになる準備をはじめるべき年
続きを読む

コインチェックのハッキングについてNEMのインタビュー翻訳

f:id:kazuya_nakamura:20180127192424p:plain

オリジナル:Coincheck 500M Hack Interview with Jeff McDonald, NEM VP

これまでのアクション

  • まだ全てが解明されたわけではないが、コインチェックとは連絡を取っている
  • NEM財団としてはコインチェックをサポートするために全力を尽くしている
  • 盗まれたXEMを保有しているアカウントを追跡している
  • さらに世界中の取引所と連絡を取り、盗まれたXEMの取引をしないよう呼びかけている
  • NEMの良いところは強力なAPIがあること。APIをデポジットに加えるだけで取引所は盗まれたXEMがその取引所にデポジットされているかどうかわかる
続きを読む

ジャレッド・スプールが語る|NPSは役に立たないどころか害になる(UXはどうすべきか)

f:id:kazuya_nakamura:20171230211124p:plain

原文:"Net Promoter Score Considered Harmful (and What UX Professionals Can Do About It)" by Jared M Spool

 2003年にコンサルタントのFred Reichheldがハーバードビジネスレビューの記事「伸ばすべきたった一つの数字 "The One Number You Need To Grow"」という記事でビジネス界に火をつけました。彼は顧客のロイヤリティーを測るたった一つの質問で経営者は顧客がビジネスに対する感情を測ることができると断言しました。彼は記事の最後に「この数字こそが伸ばすべきたった一つの数字です。シンプルで奥深い。」と締めくくりました。

 結局のところNPSはシンプルでもなければ奥深くもありませんでした。経営者が顧客のロイヤリティーを測る助けにもなりませんでした。

続きを読む

Facebookのような大企業をトークン化する方法

f:id:kazuya_nakamura:20180114171415p:plain

ざっくり言うと

  • キッカケはMark Zuckerbergが2018年に暗号化通貨の可能性を探ることを示唆したFacebookでの書き込み【全文和訳掲載】マーク・ザッカーバーグ「仮想通貨は権力... | News | Cointelegraph)。実際に親和性が高そうなことから、インターネット上で大きな議論がおきた。この記事はブロックチェーン業界で有名なBigchainDBの創業者Trent McConaghyからの提案。
  • 「そんなことできない」というのは簡単、「どうすればできるか」と考えるのがイノベーション。
  • 頭の体操ではFacebookもAmazonもIBMもトークン化できる。
  • 「株主=会社の持ち主」という概念は暗号化トークン社会においては崩れる可能性がある。貢献する人が価値を得るという自律型経営の究極の形かもしれない。

原文:"Tokenize the Enterprise" by Trent McConaghy

 トークンは新しいブロックチェーンの中でも特に新しい概念です。現在はこれまでブロックチェーンだと思っていたものでは十分ではありません。トークンはWeb 3.0のビジネスモデルだと誰もが気づきました。

続きを読む

イギリス政府はどのようにデジタルサービスを展開したか(2013年)先駆けとなる官公庁への展開と標準化

f:id:kazuya_nakamura:20171014124341p:plain

GOV.UK

ざっくり言うと

  • この年からGOV.UKの各省庁への本格展開がはじまる
  • その展開方式はイノベーションラボ方式。主体は各省庁のデジタルチームだけど、GDSが専門家集団として事業部門である各省庁にノウハウを提供。
  • CTO室主導でアーキテクチャだけでなく調達も整理整頓。コスト削減効果が明確になってくる。
  • アプリは行政サービスには不向き。(個人的にはPWAは向いてると思う
  • 検索できない「リッチテキスト」は追放

原文:"A GDS Story 2013"

2010/2011年2012年|2013年|2014年|2015年

続きを読む