カタパルトスープレックス

イノベーションに効く世界の情報を日本語で

海外

フィンテック革命が失敗した理由

前に"Bank 3.0"という本を読んだ。Movenの創業者のBrett Kingが来たるべき銀行の新しい姿を描いた本。その前にアフリカでMペサがあって。うわ、すげーっ!て思って。ああ、フィンテックってちょっと前まではこういうのだったよなあ。そうだ思い出した。フィ…

子供にやさしいクルマの自動運転をデザインする

今年6月に神奈川県の東名高速道路で夫婦が亡くなった事故は人間が運転するクルマは本当に安全なのかを考えるきっかけにもなったとても悲しい事故でした。危険運転でヒヤっとしたドライバーも少なくないのではないでしょうか。自動運転のクルマではこのような…

クラウドの先にあるプラットフォームとしてのブロックチェーンの全体像

この記事はシステムの視点でブロックチェーンを解説した"Blockchain Infrastructure Landscape: A First Principles Framing"の翻訳です。これを書いたのはBigchainDBの共同創設者でCTOのTrent McConaghy氏です。 ボク自身はビットコインのような仮想通貨に…

スマートマシン(IoTとAI)が顧客になる時 – マシンのためのデザイン

この記事は人間中心デザインからマシン中心デザインを予見させる「スマートマシンが顧客になる時 – マシンのためのデザイン」"When a Machine is the Customer – Designing for Machines"の翻訳です。 ボク自身は人間中心のサービスデザインを専門としている…

GoogleでGmailを作り、Facebookの「いいね」を作ったポール・ブックハイトが語るスタートアップ

ポール・ブックハイトはGoogleの23番目の社員でGmailを作ったり、AdSenseのプロトタイプを作った人。Googleの有名なスローガン“Don’t be evil.”も彼の発案。Googleの後、2007年にブレット・テイラー達とFriendfeedを起業。2009年にFacebookに買収される。こ…

スウェーデン国立銀行が法定デジタル通貨「eクローナ」に関する最初の中間報告を発表

ビットコインと法定通貨。分散管理された通貨と中央管理された通貨。デジタルで形のない通貨と形のある通貨。この先どうなっていくのかはユーザーニーズ次第でもあり、技術の進化次第でもあります。今は過渡期でとても面白い時期ですよね。 スウェーデンはデ…

アメリカ政府の視点:オープンソースのソフトウェアは実際どれだけ再利用ができるのか?

この記事は米連邦政府一般調達局、テクノロジー・トランスフォーメーション・サービス(TTS)の一部門である18Fに所属するイノベーションスペシャリストのLaura Gerhardt氏によるブログ記事"How reusable is open source software?"の翻訳です。 前回『大規…

アメリカのデジタル公共サービスの夜明け - オバマケア立ち上げ失敗、18F誕生の前日譚とCode for America

この記事は2013年にCode for Americaのプロジェクトに参加して実際にサンフランシスコのヘルスケアシステムの改善に参加したJake Solomon氏のブログ記事""People, Not Data - On disdain and empathy in Civic Tech"の翻訳です。 背景には2010年に発表され20…

エストニアの仮想住民と税金の仕組みを解説

原文:"How Do e-Residents Pay Taxes" by Evelyn Liivamägi, Head of the Tax Department at the Estonian Tax and Customs Board (ETCB), October, 2017 この記事エストニアの税金と関税についての委員会(Estonian Tax and Customs Board)のEvelyn Liiva…

ブロックチェーンが生み出す「ネットワーク効果」と「相乗効果」の解説

ブロックチェーンの可能性については色々と議論されています。しかし、多くの人のイメージはビットコインを実現した技術の一つくらいの認識なのではないでしょうか?同じように「ネットワーク効果」もなんとなくしか理解できていない言葉の一つのような気が…

イギリス政府がUX改善のために行った大規模コンテンツ監査

原文:"Transforming transport content: the journey so far" by John Turnbull, Government Digital Service (GDS), October 12, 2017 この記事は英国政府の政府デジタルサービス(Government Digital Service、GDS)がコンテンツ監査やタクソノミー(分類…

ルイス・フォン・アンが語るEdTech、人工知能、CEOとしての成長

ルイス・フォン・アンはCAPCHAの開発者であり、20代の時に二つのスタートアップを立ち上げGoogleに売却しています。いまは外国語を学ぶプラットフォームのDuolingoの創立者でCEOです。Duolingoも成功していて、すでに世界中で約1億2000万人が登録していて、1…

エストニア政府の人工知能(AI)についての考え方

この記事はエストニア政府のAdvisor of Digital AffairのMarten Kaevats氏のAIに関してのインタビュー記事"A conversation with Marten Kaevats on e-governance and Artificial Intelligence"の翻訳です。 エストニアはeガバメントの先進的な取り組みで知ら…

ティム・オライリーが語るプラットフォームの未来

ティム・オライリーは技術系の人なら必ず一冊は持っているオライリーメディアの創始者で、現在でもその発言は大きな影響力を持っています。彼が新しい本『WTF!』を発売するのに合わせてa16z*1のポッドキャストでベネディクト・エヴァンスと対談をしていまし…

世界で最も進んでいるイギリス政府のデジタル変革全容:2017年度版 "Government Transformation Strategy"

この記事は英国政府のデジタル変革の基本方針を説明しているGovernment Transformation Strategyの現時点での最新版の翻訳です。アジャイル、サービスデザイン、デザイン思考など文脈にモダンなアプローチを感じることができる素晴らしい戦略です。 イギリス…

大規模デザインシステムを作る:いかにしてアメリカ連邦政府のデザインシステムを作り上げたか

現在、ほぼ30,000の米国連邦政府のウェブサイトがありますが、それらウェブサイトの間に一貫性はほとんどありません。テクノロジーの分野で働く数十万人の政府機関の職員がいますが、彼らの携わるウェブサイトの構築や管理方法に共通点はありません。 その結…

日本のインターネット不都合な真実

日本のインターネット事情って実は海外の先進国と比べると遅れている部分が多々あります。もちろん、進んでいる部分もあるんでしょうが、ほとんどの部分で遅れています。 なんでこんな不便なのに日本人は文句を言わないのかすっごく不思議!たぶん、知らない…

TEDのようなイケてるプレゼンをするコツをHighSparkから教えてもらったよ!

表現って大事ですよね!文字だけじゃなくて、絵で表現したり、動画で表現したり。前回インタビューで紹介したSketchPostのスケッチノートも新しい表現方法だし、インフォグラフィックもあたら生まれて定着した表現スタイルですよね。 マイクロソフトのPowerP…

海外の学生たちの匿名コミュニティーについてFessupに聞いてきたよ!

日本の大学生だと知り合い同士でLineのグループを作ったりしてコミュニケーションしているんじゃないでしょうか。海外でもWhatsAppを使ったりしているようですが、同じ学校の人たちと匿名でコミュニケーションしたいというニーズもあります。 そういう匿名コ…

デザインツールのFramerにインタラクションデザインについて聞いてきたよ!

ボク自身がアプリのデザインをしている関係上、いろんなデザインツールを使います。例えばUIデザインにはSketchやIllustrator、Photoshopを使っているし、Zeplinのようなスタイルガイドを支援してくれるツールも使ってる。 プロトタイプを作るツールもたくさ…

クラウドファンディングで生まれたビール、オイディプスのスタートアップストーリーを聞いてきたよ!

オイディプス(Oedipus Brewing)は2010年代を代表するオランダのクラフトビール。コミュニティー活動やYouTube、さらにはクラウドファンディングで資金調達とまさに今時のビールスタートアップ! 創業者の一人Rick Nelsonさんにオイディプスの生い立ちを聞…

いまさら聞けない!🤖チャットボットをザックリおさらい!週末ネット観測

チャットボットが来る!と言われて久しいです。ボット自体はTwitterやSlackにもありましたが、どちらかというと一方通行な通知機能のようなものでした。いま騒がれているチャットボットはもっとパーソナライズされた自動応答システムって感じです。自動応答…

オランダの🍺クラフトビールの老舗ブロウワレイ・アイに30年間😎クールでい続ける秘訣を聞いたよ!

ブロウワレイ・アイ(Brouwerij 't Ij)は間違いなくオランダを代表するクラフトビールです。もちろん世界的に出荷量の一番多いオランダビールはハイネケンですし、他にもフロース(Grolsch)とかアムステル(Amstel)とか伝統的なピルスナーを作っているビ…

斜め上を行く🇯🇵ジャパンリスペクト!日本をモチーフにしたヨーロッパの🍺クラフトビールたち

ヨーロッパは日本が人気です。すごく遠い外国でヨーロッパと全く違う国。ある意味、マルコポーロの頃と同じくらい日本はエグゾティックなイメージを持たれている。イギリスの洋服ブランドSuperdry 極度乾燥 (しなさい)なんて不器用ながらの日本に対するリス…

スタートレック50周年ネタ!週末ネット観測

スタートレック放送開始から50周年で盛り上がりましたね!どうしてもスターウォーズの陰に隠れて地味なイメージなんですが、ドラマとしては非常に優秀でたくさんのファンをひきつけ続けているのはさすがです。 スタートレックから学ぶリーダーシップ(その1…

モノの貸し借りプラットフォームのピアビーにシェア経済やクラウドファンディングについて聞いてきた!

モノのUberと言われるピアビー(Peerby)にインタビューしましたよ!株式のクラウドファンディングに成功したり、IoTを使ったシェア経済の実験について聞いてみました!

🌞暑い時はさっぱりすっきり🍺サワービールだね!

ビールの王様にインタビューをした時にサワービールがキテいると聞いて、オススメのサワービールを飲みました。いやあ!美味しい!さっぱりした酸味がフルーツにとても合う。むしろ女性にオススメですね。 いくつかサワービールを試してみたのでそのレポート…

フェアなスマホ、フェアフォンについて考えてみたよ!フェアなスマホって何だ?!

ヨーロッパはフェアであることをとても大事にします。そこで生まれたフェアフォン。フェアなスマホって何だ?紛争鉱物って何だ?電子廃棄物って何だ?

ザ・シングス・ネットワークに💡モノのインターネット(IoT)📡 について聞いてきたよ!

モノのインターネット(IoT)をオープンプラットフォームとして実現させてしまったオランダのスタートアップ、ザ・シングス・ネットワーク(The Things Network)にインタビューしました!

🍻クラフトビール🍻のお祭りキムチフェスティバルに行ってきたよ!

オランダのオイディプス・ブリューイングが主催するクラフトビールのイベント「キムチフェスティバル」の参加レポートです!