カタパルトスープレックス

イノベーションに効く世界の情報を日本語で

コールラビのクミン炒め

オランダのマーケットに行くといろんな野菜が売られています。キャベツやじゃがいもみたいな一般的な野菜はわかりやすいのですが、中には「これは一体どうやって食べるんだ?」と悩んでしまうものもたくさんあります。そんな日本人にとってはちょっと縁遠いヨーロッパ野菜を使った料理を紹介していきます。

今回は「コールラビ」です。オランダ語ではKoolrabiです。英語ではKohlrabiなんですが、おそらくドイツ語なんでしょうね。kohlがキャベツ、rabiがカブという意味らしいです。見た目は確かにキャベツっぽい。でも、中身はカブです。

見た目はこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/BFbqdgVGiTm/

#koolrabi #europe #vegitables

わからないでしょ?これどうやって料理したらいいのか。

そんなときに役立つのがクックパッドですよ!コールラビで検索して見つかったのがこちら。

cookpad.com

説明に書いてある通り、コールラビをダイスに切る。オリーブオイルでクミンとガーリックを炒める。

https://www.instagram.com/p/BFedUGjGiUI/

Koolrabi

このほかに酢豚を同時進行で作っていてすっかりテンパってしまったため、お皿に持った写真を撮り忘れてしまいました!

味は完全なカブです。間違いありません。カブです。これだったら味噌汁の具にしても美味しいかもと思えるほどカブです。クミンシードを加えたため、味はインドっぽくなりました。中華と酢豚とインド風のコールラビの素敵なハーモニー。それをタイ米でいただくオランダに住む日本人というカオス。

以上、現場からのレポートでした。

その他のヨーロッパの野菜シリーズ