カタパルトスープレックス

イノベーションに効く世界の情報を日本語で

ベルギーのチェリービール、クリークランビック!

大人の味、女の味

ボクは実を言うとお酒を飲むのがあまり好きではなかったです。特にビールは苦いだけで何がいいのかさっぱりわからなかった。ただ、ギネスビールだけは好きでした。味がちゃんと分かる。何か大人の味って感じ?

そして味がわかるビールといえばフルーツビールです。おお、まさにこれはジュースのような!オランダ人に「ああ、女性向けのビールね。女性のために毒味をしてあげないといけないから男も飲むこともあるよねwww」と言われるフルーツビールです!

ベルギーのチェリービール

そして、ヨーロッパでフルーツビールといえばベルギーのチェリービールです。名前に「クリーク」(Kriek)とついていることがほとんどですので、すぐにわかります。このクリークというのは少し酸味のあるチェリーの種類なのだそうです。

日本でも有名なのはこのBelle-Vue Kriekですかね。オーク樽で熟成されたランビックビール(自然発酵ビール)にクリークと言われるチェリーを加えて再発酵させるのだそうです。Belle-Vue Kriekは"Sweeten"に分類される、甘みを加えたクリークランビックとなります。

https://www.instagram.com/p/BGAXfkSGiZT/

写真はBoonというベルギーの醸造所のもので、こちらは"Traditional"と分類されるクリークランビックで、Belle-Vue Kriekと比べると甘みが抑えられています。ちなみにベルギーやオランダのビールはそれぞれ専門のグラスがあって、その専門のグラスで飲むと美味しいと言われています。クリークランビックはこれからお世話になりそうなので、Book Kriekのグラスを購入。

https://www.instagram.com/p/BF95_o7GidP/

クリークの味

見た目はチェリーの色がついて赤いです。これって着色料使ってるんじゃね?と一瞬疑ったのですが、着色料の類は一切使っていない自然なチェリーの赤なのだそうです。

味もしっかりチェリーの味がついています。フルーツカクテルのような味。食前酒としてもいいですし、食後のデザートみたいな感じでもいいんじゃないですかね。

フルーツビールは他にもラズベリーを使ったフランボワーズとかたくさんあるので、いろいろ試していきます!