カタパルトスープレックス

イノベーションに効く世界の情報を日本語で

中国の人気ブロガーが2017年の中国重大事件を振り返る

f:id:kazuya_nakamura:20180103210224p:plain

原文:中国2017社会热点大事记 by 月光

 2017年ももうすぐ過ぎようとしています。この一年間、私たちはともに世界中の様々な出来事の証人となりました。この一年、雄安新区が立ち上がり、高速鉄道『復興号』が世界最速を手にしました。この一年、東京都中野区で起きた江歌事件では一人の母親を悲しみの中に取り残されました。携程。紅黄藍幼稚園での児童虐待疑惑では多くの子供たちが傷つきました。年末が近づいています。今一度カレンダーを開き直してみましょう。一緒に多くの事件が起きた2017年を振り返りましょう。

解説

雄安新区(ションアンシンチュー):河北省の複数の行政区域にまたがる新しい経済特区。北京と天津の間に位置し、東京都とほぼ同じくらいの大きさ。「一帯一路(イーダイイールー)」構想と並び習主席が力を入れる政策。

復興号(フーシンハオ):中国の新幹線。これまでの世界記録は日本の東北新幹線の時速320キロだったが、2017年9月に中国の復興号が時速350キロを記録して世界一に。

携程(シエチェン|Ctrip):中国の旅行サイト。Booking.comとかエクスペディアとか楽天トラベルみたいなもの。

2月:ロッテボイコット事件

 2017年2月28日、ロッテグループと韓国国防省が協議に署名。星州に所有していたゴルフ場をTHAADために提供しました。これが中国で強烈な不満を引き起こし、一気にボイコットにつながりました。中国国内9店舗が閉鎖に追いやられ、毎月の損失は1000億韓国ウォン(日本円で100億円)に上りました。中国の国家観光局は韓国行きの旅行に「行き先は慎重に選ぶように」と警告を発表しました。

解説

韓国のロッテの中国名は乐天(ルーティエン)(日本の漢字では楽天)なので、日本の楽天もこのボイコットのとトバッチリを受ける。

5月23日:GoogleのAlphaGoが囲碁世界王者の柯潔に勝利

 2017年5月23日から27日にかけて、GoogleのAlphaGo Masterと囲碁の世界王者の柯潔が対戦しました。DeepMindの紹介によると、最新版のAlpha Go Masterは前回のAlphaGo Lee(李世乭と対戦したバージョン)にハンデつきで勝てるそうです。試合の結果、AlphaGoは軽々と3連勝。その後、中国5位の一流之后和中国で五人の超一棋手のとの団体戦でもゲーム中盤で勝利を確定。専門の棋手たちとAlphaGoの対戦では人類とは全く違う独特の棋風と同様に予測がつかない棋力に強烈な印象を与えました。

 AlphaGoは人との対戦がないので、AlphaGoの生みの親であるデミス・ハサビスは人間との対局はこれで最後と宣言。AlphaGoの棋力がアマチュアレベルから世界一位になるのに2年程度しかかかりませんでした。

f:id:kazuya_nakamura:20180103191603j:plain

AlphaGoに敗れた柯潔

解説

なんでこのニュースが中国のニュース?と思われる方もいるかもしれません。このAlphaGo Masterと柯潔の対戦は囲碁の発祥地である中国の浙江省烏鎮にあるインターネット国際会展センターで行われました。Googleの中国再進出のためと言われています。この後にGoogle AI China Centerが発表されました。現在、Googleは中国でAI人材の採用に力を入れていて、新入社員で年収56万中国元(日本円で約970万円)の高待遇で迎え入れています。

6月:相次ぐ中国人女性の海外失踪事件

北京大学深圳研究院の修士の章莹颖さん失踪事件:2017年6月9日午後、客員研究員としてイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に交換留学していた章莹颖(チャン・インイン)さんが失踪。アメリカ連邦調査局(FBI)は27歳の男性を容疑者として逮捕。FBIは章莹颖さんはすでに死亡している可能性があると発表。

福建省の女性教師危秋洁さん失踪事件:2017年7月26日、福建省邵武市(シャオ・ウーシ)の小学校の国語教師の危秋洁さんが北海道旅行中に失踪。8月27日、現地の警察が北海道釧路市の海岸で危秋洁さんと思われる遺体を発見。司法解剖の結果、溺死と判定されました。現地の警察は危秋洁さんは自殺の可能性があると発表しました。

深圳大学の女子大生、罗琬璐さん失踪事件:2017年7月29日、深圳大学情報工学科本科生の罗琬璐(ルオ・ワンルー)さんが単独で香港に行き、突然友人との連絡が途絶える。すでに海外で連続して女性の失踪事件が二件起きていることから、この事件はソーシャルメディアで大きな注目を集めました。マスコミは我先と争い、尋ね人として本人の写真を大量に公開しました。これにより8月1日の午前に多くのネット民が新聞の記事を取り上げ意味のない情報が多く行き交いました。しかし午後になって事件は突然に恥ずかしい神のドンデン返しを迎えることとなります。香港メディアの報道によると、この深圳大学の女子大生の失踪当日、屯門時代廣場のManningsBonjourの二店舗で窃盗をしていました。合計金額2400香港ドルの化粧品と薬を盗もうとして、職員に見つかり警察に報告されました。禁錮14日の判決を受け、于罗湖刑務所に服役していました。その後、本土に送還されました。

6月13日:シェアバイク崩壊の潮流

 2017年6月13日、悟空单车の倒産からシェアバイク倒産連鎖がはじまりました。シェアバイク提供の終了を発表しました。6月21日に3Vbikeが大量の自転車が盗難にあったと発表。3Vbikeのシェアバイクは2017年6月21日から休業。8月の初旬には町町单车が死亡宣告し三件目の倒産となりました。2017年9月には酷骑单车、小鸣单车と小蓝单车が預金を差し押さえられ、スタッフの給料支払い遅延。11月には酷骑、小鸣、小蓝など数社が相次いで倒産。

f:id:kazuya_nakamura:20180103191516j:plain

放棄される自転車

7月6日:乐视网の贾跃亭が「来週には帰国」

 2017年7月6日、贾跃亭(チャ・ユエティン)が乐视网(ルシーワン)の董事长を含む全ての役職を辞して、突然中国を離れアメリカへ。その理由は乐视网ビジネスの自動車事業の融資のためと説明。アメリカに長期延滞して中国に戻らない贾跃亭は裁判所からの信用を失い、銀行口座、株式、不動産を全て凍結されました。12月25日に北京証券監督局は2017年12月31日前までに帰国するよう通告しました。実際に企業を切り盛りしている人は協力してこの問題を解決すべきですね。

f:id:kazuya_nakamura:20180103191753j:plain

乐视网の創業者チャ・ユエティン

解説

乐视网(ルシーワン|LeTV):中国の動画サイト。格安スマートテレビやスマホも販売。資金難による経営の行き先が不安視されていました。ちなみに2018年1月頭現在でまだ帰国してないようです。

9月7日:WePhone創業者の苏享茂さん自殺事件

 2017年9月7日、中国のソフトウェア開発者の苏享茂(ス・シアンマオ)さんが北京の自宅マンションから飛び降り自殺をしました。彼は遺書を残し、前妻の翟欣欣(ジャイ・シンシン)さんから1000万中国元と不動産を渡すように脅迫されていて、その資金のため絶望して自殺したと書いてありました。メディアの報道がインターネットでの議論を巻き起こしました。ネット民は翟欣欣さんに対して人肉搜索を行い、北京交通大学を卒業し大学院の学位を持つ。キャンペーンガールなどの仕事をし、数回の離婚経験を持つこと、数年に数億中国元の利益を得ていたことを突き止めました。

f:id:kazuya_nakamura:20180103191930j:plain

疑惑の翟欣欣さん

解説

苏享茂さんは無料電話アプリのWePhoneの創業者として知られています。

人肉搜索(レンロウソウスオ):ネット民による調査。日本でも2ちゃんねるとかでやってますよね。ネットだけでなく、人力も使うから「人肉」なんだそうです。

11月8日:トランプ大統領が万引きの疑いのあるバスケットボール選手3名のために嘆願

 2017年11月8日,アメリカのトランプ大統領が訪中の際に、アメリカUCLAのバスケットボール選手三名(リアンジェロ・ボール[レイカーズのロンゾ・ボールの弟]、コーディ・ライリー、ジェイレン・ヒル)チームで中国の杭州での試合参加の時に、ホテルの隣のルイ・ヴィトンでサングラスを万引きした疑いで逮捕。その後、トランプ大統領が恩赦を求め釈放され帰国することができました。三名はロサンゼルスに到着後に記者会見を開き、中国国民に謝罪し、トランプ大統領に感謝の意を表明しました。

解説

トランプさんもTwitterで「UCLAの三名の選手はちゃんと"トランプ大統領ありがとう"と言えるよな。十年間刑務所暮らしのはずだったんだぞ!」とつぶやいていましたが、ちゃんとお礼を言ってもらってよかったですね。

11月9日:中国証券監督管理委員会が女優ヴィッキー・チャオを処罰

 女優ヴィッキー・チャオ(赵薇)は万家文化の買収のため30.6億中国元(約527億円)を計画、自己資金6000万中国元(約10億2000万円)、銀行からの借り入れ15億元(約255億円)でさらにまだ手に入れていない万家文化の株式担保でさらに15億元を借り入れました。なんと楽しい51倍ものレバレッジ。最終的にこれは失敗に終わり、中国証券監督管理委員会(証監会)から処罰されることになりました。

 2017年11月9日、証監会が《行政处罚及市场禁入事先告知书》を発表。夫である黄有龙とヴィッキー・チャオの行為は市場に重大な損害を与え、中小の投資家の信頼を損ない、市場の公平性、公正性、公開性に影響を与えたとしました。証監会は黄有龙と赵薇に警告を与え、それぞれ30万元(約510万円)の罰金と5年間証券市場での投資活動を禁止を言い渡しました。

解説

この事件は「パラダイス文書」が発端だと言われています。アリババのジャック・マーの名前もあったそうですが、ヴィッキー・チャオだけやられちゃった感じですね。

11月21日:「インターネットの皇帝」鲁炜の更迭

 2017年11月21日、中国共産党の中央規律検査委員会は「党中央宣伝部前副部長の魯煒(ルー・ウェイ)が重大な規律違反の疑いで取り調べを受けている」と発表しました。

 中央政府が魯煒の重大な規律違反の嫌疑の発表ニュースの後の発表。国家インターネット情報弁公室(网信办)が会議を招集しました。以下その声明の抜粋

魯煒はかつて网信办の責任者でした。しかし彼は深刻なまでに党の原則から逸脱し、网信办を政治的に汚染しました。組織と幹部のイメージを著しく傷つけ、党が推進するインターネットの健全な発展を危機に陥れました。二面性を持つ典型的な人間です。会議では国家インターネット情報弁公室とその幹部は魯煒と完全に関係を絶っていると強調しました。完全に网信办およびその関連組織の魯煒の悪い影響を排除します。

 鲁炜は2013年5月から2016年6月までインターネット検閲部門のトップでした。ニューヨークタイムズの中国語版は鲁炜を「中国インターネットのゲートキーパー」と呼び、2015年4月には「何百万人がインターネットで何を見るかを決める権利」から、鲁炜は2015年の雑誌《时代周刊》で「最も影響力のある100人」にも選ばれました。

f:id:kazuya_nakamura:20180104024319j:plain

インターネットの皇帝と言われた鲁炜

解説

鲁炜(ルー・ウェイ)は「网络沙皇(ワンルオシャーフアン)」インターネットの皇帝と言われていた人物。「インターネット安全法」でネット掲示板の管理者の実名登録を義務化たり、インターネットで厳しい検閲体制を敷いた人。中国国内でもインターネット規制は評判が悪いので、このニュースを単純に喜んだ人も多いのでしょうね。江沢民派に近い人で、今回の件も習近平の江沢民派排除の一環と言われています。新華社副社長時代の汚職も理由の一つと言われています。まあ、理由はなんとでも後付けできるんでしょうが...

11月22日:红黄蓝幼稚園の児童虐待疑惑

 2017年11月22日、北京市朝阳区管庄にある红黄蓝幼稚園(新天地分園)のインターナショナルクラスの子供達が教師に針で刺され、成分のわからない白い薬を飲まされたとして子供の体に針穴がついた写真を公開しました。22日午後、8名の親が管轄内の警察署に事件を報告。北京市公安局が即時に介入捜査をしました。11月23日にはネット上で多くの噂が飛び交い、短時間でホットなトピックとなり、ネット民の関心と憤りを誘発しました。

 11月28日、朝阳区の警察は河北省出身で22才の女性教師は何人かの児童が寝ないため、縫製針を使った規律指導をしたとして虐待の嫌疑で刑事勾留されました。ネット上では与えられたとされる薬の写真が出たり、児童猥褻などの作り話まで流れました。幼稚園で働く男性職員には単独で児童に接触する条件がなく、薬の利用には厳しい条件がありました。別の問題として監視カメラのハードディスクが破損していました。113時間の動画を復旧し鑑識を行なった結果、児童に対する虐待は発見されませんでした。

解説

この事件は英語メディアでも取り上げられていました。最終的に児童虐待の証拠が見つからなかったとのことですが、実際はどうなのかモヤモヤする結末。

12月20日:法政大学中国人研究員刺殺事件

 2016年11月3日、日本の法政大学に通う中国人研究生の江歌(ジアン・グー)さんが友人の刘鑫(リュウ・シン)さんの元ボーイフレンドの陈世峰(チェン・シーフェン)にナイフで刺され死亡。江歌さんの母親である江秋莲さんは微博で殺人犯である陈世峰と刘鑫さんの関係を公開。刘鑫さんがナイフで刺されるのを庇って自分が殺されたとして、ネットの世論の関心を引き寄せました。针对刘鑫さんをターゲットとして疑問の声が多く上がりました。少なからぬネット民が刘鑫さんが「無関心」で「見殺しにした」としました。2017年12月、陈世峰は脅迫と殺人の罪で東京の地方裁判所で起訴され、懲役20年が言い渡されました。

www.sankei.com

business.nikkeibp.co.jp

これまでカタパルトスープレックスでは主にアメリカとヨーロッパの情報を日本語で提供してきましたが、今年からはできるだけ中国語の情報も日本語で提供していきます。

これはどの言語でも言えることですが、なるべく一次情報に触れることが大事です。日本にいる「中国通」の多くが中国に駐在している日本人からの情報を頼りにしていたり、以前に駐在していたけれども何年も現地の情報には触れていないことが多いと感じています。現地から直接鮮度の高い情報を受け取ることが大事です。

中国語は英語に比べるとあまり得意ではないのですが、日本に帰ってきてからあまり使う機会がなく錆びついてきてはいけないと感じて一念発起しました。間違ってたら優しくTwitterで教えてください。