カタパルトスープレックス

イノベーションに効く世界の情報を日本語で

映画評|熱量の少ないドキュメンタリー映画|Titicut Follies

f:id:kazuya_nakamura:20190605212624p:plain

チチカット・フォーリーズ』はドキュメンタリーの名手フレデリック・ワイズマンの初監督作品。友人から韓国で発売されているDVDをお借りして初めて観ました。

精神異常犯罪者を収容する病院の日常を描いたドキュメンタリー作品。フレデリック・ワイズマン作品の特徴はとにかくありのままの姿を観客に提示する。そこには何の主張もない。その精神はこの初期の作品からあまりにも明確なのにびっくり。

人間だったら色々と主義主張とかあるじゃないですか。訴えかけたいことが。フレデリック・ワイズマンの作品にはそれが全くない。何の説明もないから、最初はこれが刑務所だということもわからなかった。なんか、頭のおかしい人がたくさんいるなーって感じ。

そこにいる人たちはひどい扱いを受けてると思いますよ。今だったら虐待だって言われると思う。当時もそうだったのかな。たぶん、そうなんでしょう。それだけ。

ボクはそもそもドキュメンタリー映画が苦手だったりする。長いドキュメンタリーが苦手。『ゆきゆきて、神軍』とか評判いいけど、どうしても触手が動かない。今でも記憶に残ってるのって『子供たちをよろしく』くらいかなあ。あれはポッパーズMTVという昔のテレビ番組でピーター・バラカンがオススメしてたから観た。トム・ウェイツが主題歌歌ってたし。それくらいしか思い浮かばないくらい、ドキュメンタリー映画は観ていない。疲れちゃうんです。

ドキュメンタリーのテレビ番組は好きなんですよ。90分くらいに収まってくれているといい。多分なんですが、熱量にやられちゃうんでしょうね。重くって観てられない。そんなボクでもフレデリック・ワイズマンは最後まで観れてしまう。それは熱量がないからなんでしょうね。

2019年3月〜5月までに観た映画のひとこと評(あいうえお順)